塾

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

まずは通塾目的をはっきりさせる

では、いよいよ塾選びのポイントを述べていくことにしましょう。

大切なのは、何のための塾通いであるのか、その目的を明確にすることです。通塾目的をはっきりさせないと、どの塾に行っていいか迷うばかりか、せっかく通い始めても長続きしません。

たとえば小学生であれば、学校内容のフォローなのか、あるいは中学受験を目指すのかによって、選ぶ塾はまったく異なってきます。

前者であれば補習塾を探すことになるでしょうし、後者であれば進学塾でなければなりません。進学塾のなかでも、目指す学校のレベルによっては、全国規模の大手進学塾を選択した方がよい場合もあるでしょうし、地元の中堅校であればより対策の照準が絞られる地域密着型の塾を選ぶべき場合もあります。また、「計算力をつけたい」ということで、公文式のような無学年自習形式の塾を検討されるケースも出てくるでしょう。

中学生でも同様です。

学校の授業についていけない場合は、補習塾を中心に検討します。とりわけ学校の定期テスト対策の充実した地元の塾がお勧めです。しかし、いざ受験を考えると、母体の多い模擬試験を行っているある程度の規模の塾である方がいいでしょう。とりわけ難関校受験には専門的な指導が必要ですから、そういった特別クラスを備えた塾の方が安心です。

なお、中高一貫校に通う中学生にとっては、高校受験を目的にしたクラスに入る意味はありません。ほとんどの中高一貫校では、中学過程を2年間ほどで終えてしまいますから、やはり自分が通う学校の生徒の多い専用クラスを持つ塾を選ばねばならないのです。

小中学生を例にざっと述べましたが、まずは通塾目的に応じた塾を選ぶこと、これを肝に銘じておいてください。それだけ塾には種類があり、得手不得手があるのです。また単純に目的別の区分だけではなく、指導形式による区分(たとえば集団指導か個別指導か)、塾の規模による区分(個人塾か大手塾か)にも気をつかう必要があります。

「いちいち考えるのも面倒だ、いろんなクラスを取り揃えている総合塾にいかせよう!」なんて思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、事はそう単純ではありません。この件については、「塾の種類別比較、その長所と短所」でじっくりと述べることにします。

スポンサード リンク
?塾コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.