塾

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

授業料を見る

塾にかかる費用については、一概に高い安いと決めつけられません。地方にいる私の目からすれば、同じ中学受験を専門とする首都圏の塾の費用は割高に感じられますが、それぞれの地域によって「相場」があるのは当たり前のことでしょう。ですからここでは塾にかかる費用の内訳を中心にとりあげ、地域の塾同士の比較ポイントをあげていくことにしましょう。

では、塾ではどのような費用を設定しているのでしょうか。主なものを5つに分類してあげていきます。

①入塾金

入会金とも言いますが、その塾に初めて入るときに支払うものです。弟妹は免除されることが多く、5千円~2万円といった設定となっています。退塾率の高い塾では、入会金を含む初期納入費用が高めに設定されていることが多いので注意が必要です。「ここで稼がなければどこで稼ぐんだ」とうそぶいた塾長もおりました。

②指導料

いわゆる授業料です。月謝制・半期ごとの納入制など徴収方法は様々です。私の塾(中学受験の専門塾)では、だいたい1コマ千円を基準に月ごとの月謝として算出しています。

③講習費

ほとんどの塾では、春休みや夏休み、冬休みに特別講習が組まれ、通常の指導料以外の講習費が発生します。首都圏の塾では、10万円を超える講習費が設定されている場合もあります。

④テスト代

カリキュラムにそった毎週・隔週・月ごとのテストの費用や、模擬試験にかかる費用を指します。中小の塾では自塾のテストが開催できず、指定のテスト会に入会を義務づけているところもあります。テスト代を年間あるいは半期一括納入としている塾もありますから、注意が必要です。

⑤教材費

塾によっては、指導料の中に含んでいる場合もありますが、別途教材費を設定している場合がほとんどです。教材費には明細があるはずですから、それをご確認ください。半期ごとの納入、あるいは年間教材費の一括納入といった形が多いかと思いますが、たとえば3年分の教材の一括納入を求めるような塾は避けたほうが無難です。

以上が大まかな費用内訳ですが、そのほかにも「~維持費」「~管理費」「冷暖房費」「補習代」といった名目で別途料金を請求する塾もあります。気になる項目は、きちんと説明を求めるようにしましょう。

さて、塾ごとの費用比較をする際には、まずホームページで確認します。なぜか掲載のない塾もありますので、その場合には資料請求をしましょう。送られてきた入塾資料の中に費用明細のない塾は、検討から外してください。

各塾の資料がそろったら、年間にかかる費用を算出します。さらに、初期納入費用もそれぞれ算出して比較しましょう。個人的な感覚ですが、初期納入費用の高い塾に限って、退塾率も高い傾向にあります。

また、少しでも初期費用を抑えたい場合には、「入会金無料キャンペーン」や「兄弟割引」の有無を問い合わせると良いでしょう。成績のいい生徒には「特待生制度」を用意している塾もあります。

スポンサード リンク
?塾コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.