塾

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

大手塾 VS 地域密着塾

塾選びには通塾目的をはっきりさせることが大切で、それぞれの塾に得手不得手、長所短所があることは既に述べたとおりです。この項では、具体的に二つの種類の塾を比較しながら、その特色を明らかにしていきたいと思います。まずは、「大手塾」と「地域密着塾」をとりあげてみます。

「大手塾」「地域密着塾」に明確な定義があるわけではありませんが、ここではある程度広範囲の地域にわたって多くの教室を展開している塾を「大手塾」、小規模で地域に合わせた指導をしている塾を「地域密着塾」と呼ぶことにしましょう。

大手塾の良いところは、やはり規模の大きさからくるスケールメリットです。様々なコースを取り揃えることができるので、難関校受験クラスから補習クラスまで学力別のクラス編成が可能となります

講師の配置についても、良い講師ほど受験学年・上位クラスにかためられがちではありますが、最低限の研修がほとんどの大手塾では行われていますから、どの教室を選んでも一定水準の(最低限の)授業を受けることができます。
教材やカリキュラムもしっかりしたところが多く、講師の能力差をある程度うめてくれます。また、単体での模擬試験も大きな母体で開催することができるため、豊富なデータとともに、切磋琢磨する環境を作ることができるのも強みと言えるでしょう。

デメリットとしては、基幹校に優秀な講師が集められるため、地方教室が手薄になりがちな点があげられます。さらには、特に中学生や高校生の場合、学校ごとのきめの細かい定期テスト対策がおろそかになりがちです

以前、ある有名塾の中学部では、テスト期間は生徒が来ないので塾を閉めることにしていると聞かされて、驚いたことがあります。生徒が来ないのではなくて、来るだけの魅力ある授業がなされていないことに気づいていないのです。

さて、地域密着型の小規模塾に目を移してみましょう。

こちらの良いところは、なんといっても地域の学校に合わせた授業、テスト対策をしてくれることにあります。とりわけ老舗の塾では、地区の学校の定期テストをすべて収集し、○○先生の担当ならこういった問題だろう、と予想問題を作成している場合すらあるのです。

また、塾生の大半は同じ学校の生徒になりますから、少人数クラスでなごやかなムードの授業が展開されます。進学面においても、地元の学校を志望する限りは、かなりの情報の蓄積があると見て間違いないでしょう。

デメリットは、ちょうどメリットを裏返したものとなります。

小規模ゆえに講師同士の競争がありませんから、講師の指導能力はまちまちで当たりはずれが大きく、きちんとした研修がなされることもほとんどありません。また、生徒と講師が仲良くなりすぎて、馴れ合いに陥る場合もあります。そして、総合的なデータや情報面では、大手塾に立ち遅れているのが現状です。

スポンサード リンク
?塾コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.