塾

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

初回訪問でチェックすること

ホームページで概要をチェックし、あるいはパンフレットなどを請求してその塾が通塾の候補に上がれば、通うことになる教室に実際に行って、具体的な話を聞くことになります。お子様を一緒に連れて行って、授業見学や体験なども同時にできるようなら、あわせてお願いしましょう。このような初回訪問においては、どのような点をチェックすれば良いのでしょうか?

まずは教室に入る前に、立地のチェックをしてください。公共の交通機関を利用するならば、駅やバス停から近いことが望まれますが、えてしてそういう場所は繁華街であることも多いのです。また、暗い道などが続くようであれば、最寄り駅までの送迎を行っているかどうか、後に確認するようにしましょう。

教室の入っているビルを見つけたら、同じビルに入居しているテナントを確認します。パチンコや飲み屋などと同じビルである場合、雰囲気だけでなく騒音などについても考慮する必要があります。

では、いよいよ教室に入りましょう。ここで大切にしたいのは、「第一印象」です。

教室のドアをくぐって受付スペースに立ったら、そこで働くスタッフや講師の行動を気をつけて観察してください。お客様に対して、明るくさわやかな挨拶ができない塾は、その場でお帰りいただいて結構です。また、掲示物が曲がっていたり、雑然と教材が積まれたままになったりしている塾も感心できません。

訪問者の応対は、室長・副室長あるいはベテラン講師がします。講師として十分な経験と自信を備え、話術に長けた彼らの応対については、多少さめた視線を向けておきましょう。むしろ、接客態度が社会人として適正であるかどうか、服装などがきちんとしているかを確認してください。これは応対に出た講師だけでなく、スタッフ全員についても言えることです。社会人としてのマナーがなっていない講師・スタッフでは、安心して子どもを任せることはできませんよね。

同時に、室長クラスの人間とそのほかの講師のやりとりや、既に生徒が来ている時間であれば、彼らに対する対応にも気を配ります。なれ過ぎていないか、高圧的ではないか、といった雰囲気を見るわけです。

もちろん、具体的な話を進めるなかで、疑問点をただすことを忘れないようにしましょう。パンフレットやホームページでは分かりにくい、教室の講師構成、教室ごとの合格実績などもこの機会に確認します。

スポンサード リンク
?塾コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.