塾

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

面談(めんだん)

塾業界における重要なサービスのひとつに、「面談」が挙げられます。

生徒に対する「個人面談」から、保護者との「個人懇談」、さらには多数を相手にした情報提供を行う「保護者会」なども「面談」サービスの一形態ととらえてよいでしょう。

面談を担当するのは、生徒の担当講師やクラス担任、さらには教室長であることが通例です。塾長が自ら生徒全員の個人懇談を引き受けている、という事例もありました。

ただ、個別指導塾では、生徒を指導する講師のほとんどが学生アルバイトとなります。

したがって、個別指導塾における面談については、教室長や副室長といった、普段は生徒指導に当たらない管理部門の正社員が担当することがあります。

もちろん、彼らは平生より生徒の受講する科目選択についてアドバイスしたり、生徒のカリキュラムを練ったり、あるいは進路指導を行ったりしており、面談のみで生徒とかかわりを持っているというわけではありません。

また、非常勤講師を多く雇用する予備校においては、チューターなどと呼ばれる学生(社会人を含みます)を中心とした授業を担当しない人間が、面談を担当している例もあります。

スポンサード リンク
?塾コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.