塾

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

教室長(きょうしつちょう)

複数の教室展開をしている学習塾においては、各教室における責任者として「教室長」(あるいは室長)を置くのが通例です。

学生アルバイト講師を指導の中心に据えている塾においては、正社員が教室長のみというケースも見られます。

教室長の主な職掌は、塾によって異なりますが、主に次のような業務を中心に担当しています。

・授業の実施(通常授業、講習会、特別授業)
・所属講師やアルバイトの管理
・模擬試験そのほかのテストの実施
・保護者会の実施と運営
・個人面談の実施
・教材の準備と管理
・教室備品の管理と出納
・入試情報、学校情報の収集
・生徒数目標に向けた方策づくりとその達成
・イベントの企画と実施
・入退塾処理と生徒情報の管理
・保護者対応
・入塾説明会や入塾テスト、面談の実施
・配付物、掲示物の作成や管理 など

教室長がほかの講師と同じく授業を担当する例も珍しくありませんが、個別指導塾などにおいては、管理業務に専念させることが多いようです。

なお、生徒数・所属員の多い教室においては、副室長や主任といった役職を用意し、教室長の補佐に当たらせることがあります。

スポンサード リンク
?塾コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.