塾

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

クラス担任(くらすたんにん)

「クラス担任」制度は、ひとつのクラスに対して複数の講師がそれぞれの専門科目を担当する場合や、生徒数が多く教室長だけでは対応ができない場合にしかれることのある制度です。

塾によっては、1人の講師がクラス担任としてすべての科目を指導する例もあります。

また、面倒見の良さや差別化をアピールする材料として、広告などに使われているのを見たことがあるかもしれません。

「クラス担任」は会社組織上の役職でないことがほとんどで、主な業務には次のようなものがあげられます。

・受け持ちクラスの生徒や保護者との連絡窓口業務
・受け持ちクラスの生徒の成績や出欠状況の把握と管理
・受け持ちクラスの生徒の進路指導や個人面談
・受け持ちクラスの生徒の保護者との面談 など

そのほか、クラスに関係する雑務一切を任されることもあります。

専門科目以外に関する教科知識や入試情報などに精通する必要があるうえ、保護者との連絡窓口ともなるため、ある程度の経験年数を有する講師があてられることが多いようです。

スポンサード リンク
?塾コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.