塾

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

塾長(じゅくちょう)

学習塾としての代表者を「塾長」と呼びます。

会社組織上では「代表取締役」であっても、「塾長」という名称で、社員や生徒・保護者などから呼ばれる例が多いのではないでしょうか。

個人塾や規模の小さい塾では、「塾長」が指導の最前線に立っているのが通例ですが、規模が大きくなるにつれて、授業担当から外れていくようです。

ただし、(特にフランチャイズ系の)個別指導塾においては、塾長の業務は初めから経営や管理業務に特化していることが多く、一概に上記のプロセスがすべての塾に当てはまるというわけではありません。

経営規模の違いによってその業務内容は大きく異なってきますが、たとえば、財務管理や、経営戦略の立案・実施といった部分については、経営者としてどの塾長も引き受けているところでしょう。

また、塾によっては、広告塔としての働きも大きく求められるところです。

塾長同士の情報交換や共有、あるいは研鑽を目的とした私塾団体も結成されています。(たとえば全国単位許認可団体として、「社団法人全国学習塾協会」などがあります)

スポンサード リンク
?塾コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.