塾

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

月例テスト(げつれいてすと)

「月例テスト」という名称は、中学受験塾に限らず、どのような塾においても「毎月行われる確認・復習テスト」といった意味で用いられています。

ただ、ここではもっとも使用例の多い、中学受験を専門とする塾における「月例テスト」を例にあげて説明することにしましょう。

名称については、「四谷大塚」が用いている「月例テスト」が有名ですが、「公開テスト」「マンスリーテスト」「組分けテスト」といった名前を用いる塾やテスト会もあります。(「四谷大塚」以外では、「日能研」や「浜学園」などが「公開テスト」、「SAPIX」がテストによって「組分けテスト」「マンスリー昇降(実力確認)テスト」と使い分けています)

毎週あるいは隔週のペースで行われる「カリキュラムテスト」の類と異なり、「月例テスト」の場合は、範囲がない実力テストであったり、またはより広く1ヶ月分の内容を問うテストであったりします。

したがって、1週間分、2週間分の学習内容が問われる「カリキュラムテスト」と比較して、より実力が試されるテストであるといえるでしょう。

スポンサード リンク
?塾コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.