塾

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

大学全入(だいがくぜんにゅう)

日本における大学の入学者数が、大学の志願者数と同じか、あるいは上回り、(数字上)志願者全員が大学に入学できる状況を「大学全入」時代といい、2007年度頃にそのような状況を迎えるといったことがいわれていました。

もちろんこれは、大学を目指す生徒全員が、誰しも自由に大学や学部を選んで入ることができるという状況を示すものではありません。

実際の入試においては浪人生もいるわけで、単純な数字上の計算に過ぎないといえます。

また2007年度入試においてはそういった状況が起こらず、そのまま数年後に予測がスライドしているのが現状です。

とはいえ、少子化や大学新設に伴う定員増、難易度の低下に伴って、大学の定員割れが加速しているのはたしかで、現在定員割れしている学部・学科を抱えている私立大学は4割を超える(短大においては6割)という事態に至っています。

ですから現在でも、大学や学部を選ばない限りにおいて、希望する者がどこかの大学に入れるという状況にあるとはいえるでしょう。

スポンサード リンク
?塾コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.