塾

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

内申書(ないしんしょ)

「内申書」は、正式には「調査書」といいます。

進学先の選考資料のひとつとして、生徒の学習活動や学校生活について学校教師が作成するものですが、ここでは最も選考に影響の大きい中学校における「内申書」についてとりあげます。(中学受験や大学受験ではさほど重視されません)

主な記載内容については、名前や生年月日など以外に、「3年間の出欠状況」「健康状態」「各科目の観点別学習状況」「各科目の評定」、さらには学校生活や部活動、校外活動の様子などを記入する欄があります。

この内申書の取り扱い状況については、私立学校・公立学校の別、また同じ公立学校でも各都道府県によって異なります。

公立高校入試においては、都道府県によって実技科目に対する加点(点数を2倍にするなど)が行われるケースもありますから、注意が必要です。

いずれにせよ、中学受験や大学受験と異なり、高校受験においては合否に影響する部分が大きいため、高校受験を目的とする塾においては、内申点を上げるための定期テスト対策授業が行われています。

スポンサード リンク
?塾コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.