塾

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

三大テスト(さんだいてすと)

主に首都圏の6年生を対象とした、中学受験における志望校判定テストのうち、大手テスト会(塾)が主催する3つのテストを「三大テスト」(あるいは三大模試)と呼んでいます。

三大テストは、以下の通りです。

・「統一合判テスト」主催:首都圏模試センター
・「合格判定テスト」主催:日能研
・「合不合判定テスト」主催:四谷大塚

どのテストも、1万人以上の受験者を集めており、合否判定だけではなく、いわゆる「試験なれ」のために受験する生徒も多いようです。

この三大テストについて注意するべきことは、各テストの母体を構成する受験層の違いと、そこから生まれる偏差値の差でしょう。

「日能研」の生徒を主体とする「合格判定テスト」、「四谷大塚」とその提携塾である「YTネット」の生徒を主体とする「合不合判定テスト」に対して、後発の「統一合判テスト」はそれ以外の中小の塾生が集う模擬テストとなっています。

実際に、同じ学校についての合格ラインを並べてみると、「合格判定テスト」「合不合判定テスト」に比べて、「統一合判テスト」の方が偏差値にして数ポイント高くなっているのが現状です。

※四谷大塚の「合不合判定テスト」については別記項目を、日能研の「合格判定テスト」については「R4偏差値」の項目を合わせてご覧ください。

スポンサード リンク
?塾コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.