塾

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

思考力問題(しこうりょくもんだい)

「思考力」という言葉は、中学受験に限らず、あらゆる入試や受験学習、さらには学校教育などにおいても、以前から使用されてきたものです。

ただ、中学受験においては、繰り返しやトレーニングによって身につけられた知識の多寡ではなく、「いかに考え」「いかに表現するか」といった観点に立って出題される問題が近年の入試で増加しはじめました。

そういった問題を特に「思考力問題」と呼んでいます。

解法のパターンを覚えたり、それを運用したりするのではなく、解法を導き出すために自分の考えをまとめていくことが求められているわけです。

たとえば武蔵中で、「男女の役割」についての文章を読ませた上で、家庭や社会の中での「男の役割」や「男らしさ」について自分の考えを述べさせる出題がありましたが、この問題などが好例でしょう。

「思考力問題」は「新傾向問題」としばしば混同して使われますが、「新傾向問題」のなかには、「あまぞん」をカタカナに直しなさい(開成中)といった基礎に立ち返ったものも含まれますので、必ずしも同義であるとは限りません。

スポンサード リンク
?塾コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.