塾

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

机間巡視(きかんじゅんし)

「机間巡視」は、本来、学校教育用語で、授業中に生徒の机と机の間をまわって指導することを指します。

授業での理解度やノートのとり方、個々の学習状況をチェックするのに、きわめて有効な指導方法のひとつとされています。

「机間巡視」の「巡視」という言葉に対する疑問や反発から、最近では「机間指導」「机間援助」という呼び方に変わってきました。

学習塾においては、生徒に問題を解かせている間や、自学自習形式の個別的指導において、「机間巡視」が指導の主体となることがあります。

もちろん、塾の指導方針によって、積極的に推奨している塾とそうでないところ、講師個々の研究や研鑽に任されているところなど、様々でしょう。

ただ、演習形式を採用する塾においては、生徒が問題を解く時間と講師が解説をする時間とが完全に分離され、問題を解く時間には講師が教室に入らずに、アルバイトなどが監督を行っている場合もあります。

そうした場合、「机間巡視」の本来の目的は達成されないことになります。

スポンサード リンク
?塾コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.