塾

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

発問(はつもん)

「発問」については、学習塾のみならず、教育関係者によって様々な研究・実践がなされている授業におけるテクニックのひとつです。

それぞれの学習塾や講師によって意味することが違っているのは、現在も工夫され続けているという面において当然ですが、おおむね次のように解釈されたり、意図されたりしていると考えていいのではないかと思われます。

まず「発問」は、「質問」とは異なるものであるということ。

「質問」とは、生徒がテキストそのほかを見ることによって、自動的に回答(解答)が導き出されるものであるのに対し、「発問」とは生徒が思考し認識する過程(分析、統合、評価など)を経るものという説明がしばしばなされます。

また興味、関心、意欲を引き出すための「発問」という見方もできます。

もう少し具体的には、「ゆさぶる」問いかけをすることで、いったん思考や認識を混乱させ、そこからより確かな考えへと導いていく、そのような様々なテクニックを指しているともいえるでしょう。

スポンサード リンク
?塾コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.