塾

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

陰山メソッド(かげやまめそっど)

「陰山メソッド」は、陰山英男(文部科学省・中央教育審議会 教育課程部会委員などを務める)が提唱する教育理論です。

2003年に陰山英男の著書『徹底反復百ます計算』がベストセラーとなり、各小中学校の授業などで採用されて基礎学力の向上に成果を見せました。

また、同じ2003年4月には、尾道市立土堂(つちどう)小学校校長に全国公募により就任、独自の教育理論と実践を展開しました。

そういったことがマスコミでもしばしば話題となったことから、「百ます計算」=「陰山メソッド」と誤解されがちですが、「百ます計算」はあくまでもその一部を具体化したものにすぎません。

陰山は「子どもたちの可能性を伸ばすためには、なんでもする、何でも試みる」ことを「陰山メソッド」の本質とし、具体的には、「読み書き計算での徹底した反復学習」と「早寝、早起き、朝御飯の生活習慣確立」の実践を二つの大きな柱として挙げています。

したがって、深夜に及ぶ学習塾通いに対しては、否定的な見解を持っていることでも知られています。

スポンサード リンク
?塾コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.